肩の力を抜いて運転合宿免許に取り組もう

運転合宿免許に参加すれば、短期で免許が手に入ります。
2週間程度みていればよいでしょう。
わたしは試験に落ちたりしたので卒業までに17日、本試験も落ちたのでプラス2日かかりました。
習う内容は基本的に通常の生徒さんと同じです。
ただ教習所に併設された施設に泊り込み、教習内容を短期間に頭に詰め込むという点だけが違いになります。
入校の日は、教習所で簡単な手続きをするので、予約した時間に遅れないようにしましょう。
1番にすることは、宿舎についての注意点や入校規約などの説明です。
そのあと、適正検査をしました。
視力検査、運動能力検査、運転に対する適正のチェックがおこなわれます。
検査と名前がついているので難しそうに聞こえますが、簡単なものなので肩の力は抜きましょう。
それが終わればいよいよ学科講習が始まります。
第1段階の学科教習は10時限、技能教習は15時限ありました。
技能=運転というイメージですが、いきなり運転はしません。
まずは車の乗り降りと運転姿勢、構造と装置の取り扱いを実際に車に触れながら学びます。
第1段階のまとめとして試験がありました。
仮免許学科試験は出題数50問で45問正解が合格ラインです。
修了検定は教習所ないコースを運転します。
合格すれば第2段階の開始です。
技能教習は19時限、学科教習は16時間、それを終えて卒業検定を受けます。
路上での検定になりとても緊張しました。
リラックスして平常心を心がけましょう。