普通二輪~バイクを免許合宿で~

普通二輪車の免許も合宿で取得することができます。
以前は中型自動二輪と呼ばれていたこの普通二輪車、一体何が「普通」なのでしょうか?
二輪車の免許はその排気量によってたくさんの区分があることを知っていますか?
①原付免許(排気量50cc以下)
②普通自動二輪小型限定免許(排気量125cc以下)
③普通自動二輪免許(排気量400cc以下)
④大型自動二輪(排気量無制限)

以上の4種類に区分されているのです。
その中でも、パワーもそれなりに出て、一般的によく乗られているバイクが排気量125cc~400ccの普通自動二輪者です。
普及度が高く、免許の取得数も多いといった意味で「普通」とついていると考えても良さそうですね。

普通自動二輪の免許の取得方法は、①教習所に通って卒業試験に合格後、運転免許場での学科試験を受験する方法と、②運転免許場での実技試験と学科試験を受験する方法の2種類があります。
②の運転免許場での実技試験はバイクに乗ったことのない人が一度で合格するのは難しく、免許取り消しなどの行政処分を受けた人が再度取得する際によく利用されます。
初心者は①の教習所に通う方法で免許を取得するのが無難です。

自動普通二輪の教習についてですが、普通に通学する方法よりも合宿教習によって一気位取得してしまうことをおすすめします。
二輪車の場合は運転する時に自動車などよりもより身体的な感覚が重要となってきます。そのため、連続して体に運転を覚え込ませることができる合宿が最も効率よく免許を取得できるのです。
教習所に通学する場合、短期間に取ろうと思っても講習の予約が取れなかったりして時間が空いてしまうことがあります。合宿では出来上がったプログラムに沿って教習が進んでいくのでそのようなことはありません。
さらには通学の場合よりも教習にかかる費用が安く済というのも大きなメリットの一つですよね。
効率的に自動二輪の免許を取得するためにも、合宿免許をおすすめします。