自動車大型免許も合宿で

免許合宿といえば普通自動車をイメージしますが、自動車大型免許も合宿で取得することができます。
自動車大型免許って、少し聞きなれない免許ですね。
ここでは自動車大型免許がどのような免許かを少し紹介したいと思います。

大型自動車免許とは、大型自動車を運転するために必要とされる免許証のことをさします。
大型自動車とは、車両総重量11,000kg以上・ 最大積載量6,500kg以上・ 乗車定員30人以下の自動車のことを指します。
大型自動車の免許を取得するためには、「指定自動車教習所」という大型自動車の教習を行う教習所に通って卒業試験に合格した後、運転免許場での学科試験に合格する方法が一般的です。自動車大型免許を合宿で取得するためには、合宿の受け入れをしている指定自動車教習所を探さなければなりません。
また、自動車大型免許には取得条件もあり、誰でも免許を取得できるわけではありません。
「普通自動車免許か大型特殊免許を取得してから免許停止期間を除いて運転経験が3年以上あること」
「満21歳以上であること」(ただし自衛官は20歳以上)
「聴力、学力に問題がなく、視力が両目で0.8以上、片眼で0.5以上、深視力検査での誤差が2cm以下、視野150度以上であること(矯正視力可)」
「法定で定められた病気(てんかんや精神病など)ではなく、アルコールや麻薬などの中毒がなく、交通違反や事故などで欠格機関中でないこと」
といった条件が必要となります。
これらの条件を満たしている人が自動車大型免許を取得することができるので、まずはこれらの条件を満たしていることをきちんと確認しましょう。
ちなみに、年齢条件に関しては仮免許の申請の時に21歳以上であることが見込める場合には教習所に入所することはできます。

教習所では、教習所内での技能講習・学科講習→仮免許試験→路上での技能講習・学科講習→卒業試験
といった流れで進んでいきます。
卒業試験までは教習もないで行いますが、最終の適性検査につきましては運転免許場で行われます。(学科試験は無し)